Enjoy Car Life JOYCAL

JOYCAL JAPAN RECRUIT

メニュー

MESSAGE理念と思い

THOUGHT経営者の思い

写真:中村

「仕事」「プライベート」「家族」の3つを
充実させられる会社にしていく。

取締役会長中村 靖弘

日々、ポジティブに楽しく仕事に取り組む。私が一緒に働きたいのは、そんな人たちです。
私は日頃から社員に対して「毎日遠足のつもりで会社に来てください」と言っています。遠足前日の気持ちを思い出してください。ワクワクしながら入念に準備をしたはずです。仕事も楽しければ、自ずとそうなります。仕事は人生の中で長い時間を占めるもの。だからこそ、楽しむという意識を持ってほしい。

ただ、仕事だけでは人間の幸せにはつながらないと考えます。重要なのは「仕事」「プライベート(自己)」「家族」の3つをどう生きるか。短期的に仕事だけうまく行っても、3つのバランスを欠くと結局は仕事も崩れてしまいます。
ジョイカルでは3つの要素を充実させられる環境をつくります。この思いに共鳴できる仲間とともに、より良い会社にしていきたいと思います。

写真:早川

自分で新しい仕事にチャレンジする
当事者意識を持ってほしい。

代表取締役社長 CEO早川 由紀夫

ジョイカルは近年、著しい成長を遂げていますが、まだまだ若い会社。既存の枠組みに沿って仕事をするにとどまらず、自分の判断で新しい仕事にチャレンジしてく、いわば企業内起業家としての当事者意識を持った人材を求めたいと思います。
現在100名の社員とともに全国にパートナー店が500社あり、それぞれの従業員数を含めると相当な数の関係者が存在します。一人ひとりが、アライアンスを組むパートナー店すべてに対して自分の会社のようにかかわっていく姿勢も大切です。自社だけではなく、皆で成長していくのです。

ジョイカルには多くの職種があり、さまざまなポジションを経験して職業適性を吟味することも可能です。
営業では整備工場の社長さんや幹部が相手。新卒でこれほど経営者に会える仕事はそうないはず。トップの考えに触れながら成長できるのも魅力だと思います。

写真:岩城

草創期の中核を担う
明るく元気な人材を待っている。

代表取締役副社長 CFO岩城 肇

ジョイカルは伸び盛りの会社で、とくにここ数年は成長のスピードを加速させています。業務内容も多様化し、人材を増やしていく第2の草創期を迎えています。この時期に一緒に走ってくれる人、草創期の中核を担う気概のある人に来てほしいと思っています。いま働き方改革が話題になっています。ジョイカルでも人材面、環境面を整備し、限られた時間の中で生産性を高める取り組みを進めています。そのためにも、まだまだ人材が足りません。

必要なのはスキルではなく、明るさと元気の良さ。私は30歳代の半ばに異業種からジョイカルの経営に参画するようになったのですが、業界経験は関係ありません。志があれば必ず活躍する道が開けます。国際事業部を開設したいま、活躍の場はワールドワイドに広がっています。この先長くジョイカルを担っていく人材を待っています。